コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音羽山 おとわやま

3件 の用語解説(音羽山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音羽山
おとわやま

京都市山科区東部の山。標高 593m。山科盆地の東を限り,滋賀県との境界に近い。古来歌枕となり,逢坂山とともに詩歌に詠まれた。中腹に天智天皇作と伝えられる千手観音を本尊とする牛尾山法厳寺 (牛尾観音) ,音羽ノ滝がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おとわ‐やま〔おとは‐〕【音羽山】


京都、東山三十六峰の一。標高240メートル。中腹に清水寺があり、その奥に音羽の滝がある。
京都市山科区と滋賀県大津市との境の山。北は逢坂(おうさか)山に連なる。標高593メートル。[歌枕]
「―今朝こえくればほととぎす梢(こずゑ)はるかに今ぞなくなる」〈古今・夏〉
[枕]「おと」にかかる。
「―音にききつつ」〈古今・恋一〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おとわやま【音羽山】

京都市山科区、滋賀県との境にある山。北は逢坂山に接し、南は醍醐山に続く。ホトトギスの名所。海抜593メートル。⦅歌枕⦆ 「 -けさ越えくればほととぎすこずゑはるかに今ぞなくなる/古今
京都、東山三十六峰の一。古来、紅葉の名所。中腹に清水寺があり、奥の院付近に音羽の滝がかかる。清水山。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

音羽山の関連キーワードキン(京)族奈良線御里チェリー京、ふたり京○列車愛称のさくら京口京町キン(京)人

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

音羽山の関連情報