コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音羽山 おとわやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音羽山
おとわやま

京都市山科区東部の山。標高 593m。山科盆地の東を限り,滋賀県との境界に近い。古来歌枕となり,逢坂山とともに詩歌に詠まれた。中腹に天智天皇作と伝えられる千手観音を本尊とする牛尾山法厳寺 (牛尾観音) ,音羽ノ滝がある。東海道新幹線が山の下をトンネルで貫いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おとわ‐やま〔おとは‐〕【音羽山】


京都、東山三十六峰の一。標高240メートル。中腹に清水寺があり、その奥に音羽の滝がある。
京都市山科区と滋賀県大津市との境の山。北は逢坂(おうさか)山に連なる。標高593メートル。[歌枕]
「―今朝こえくればほととぎす梢(こずゑ)はるかに今ぞなくなる」〈古今・夏〉
[枕]「おと」にかかる。
「―音にききつつ」〈古今・恋一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おとわやま【音羽山】

京都市山科区、滋賀県との境にある山。北は逢坂山に接し、南は醍醐山に続く。ホトトギスの名所。海抜593メートル。⦅歌枕⦆ 「 -けさ越えくればほととぎすこずゑはるかに今ぞなくなる/古今
京都、東山三十六峰の一。古来、紅葉の名所。中腹に清水寺があり、奥の院付近に音羽の滝がかかる。清水山。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

音羽山の関連キーワード清水寺(きよみずでら 京都市)倉橋山・倉椅山大津(市)貴ノ浪貞博ホトトギス歌の中山醍醐山貴ノ浪倉橋山名所大関延鎮心敬

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android