コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建治三年記 けんじさんねんき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建治三年記
けんじさんねんき

太田康有記』ともいう。弘長2 (1262) ~弘安6 (83) 年の間,鎌倉幕府の問注所執事評定衆であった太田康有の公務日記。『群書類従』『続史料大成』所収。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

建治三年記の関連キーワード諏訪真性佐藤業連

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android