コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田康有 おおた やすあり

2件 の用語解説(太田康有の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田康有 おおた-やすあり

1228-1290 鎌倉時代の幕府官僚。
安貞2年生まれ。三善康連(やすつら)の7男。弘長(こうちょう)2年兄太田康宗(やすむね)の跡をつぎ問注所執事となり,評定衆もかね,在職は21年におよんだ。弘安(こうあん)3年美作守(みまさかのかみ)。公用日記「建治(けんじ)三年記」(「太田康有日記」)をのこしている。正応(しょうおう)3年5月11日死去。63歳。通称は七郎。法号は善有。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

太田康有

没年:正応3.5.11(1290.6.19)
生年:安貞2(1228)
鎌倉後期,幕府問注所執事や評定衆などを務めた実務家。本姓三善。康連の子,康宗の弟。弘長2(1262)年,兄康宗が中風で籠居したあとを襲って問注所執事の職に就き,また評定衆に加えられた。同年勘解由判官,弘安3(1280)年には美作守に任ぜられて叙爵したが,弘安5年12月,寄合の席上中風で倒れて以後籠居し,翌年6月には問注所執事の職を子の時連に譲り,出家して法名を善有と称した。以後,幕府官僚としての太田氏の地位は康有の子孫に相承された。問注所執事としての職務上の記録に『建治三年記』がある。<参考文献>竜粛『鎌倉時代』上

(新田一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

太田康有の関連キーワード執事問注所執事代太田時連太田康宗善康長二階堂時綱町野康持三善康俊三善康持

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone