コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建築史学 けんちくしがくhistory of architecture

1件 の用語解説(建築史学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建築史学
けんちくしがく
history of architecture

原始時代から現代にいたるまでの建築,あるいは建築様式の歴史を研究する学問。近代までの建築史学は広い意味での考古学に含まれ,古建築の復元的研究や過去の建築様式の時代的変遷の研究などが重要な主題であったが,近年になって建築史の意義,目的が問い直され,美術史,経済史,技術史,文化史,社会史などとの関連が重要視されるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

建築史学の関連情報