コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建築史学 けんちくしがくhistory of architecture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建築史学
けんちくしがく
history of architecture

原始時代から現代にいたるまでの建築,あるいは建築様式の歴史を研究する学問。近代までの建築史学は広い意味での考古学に含まれ,古建築の復元的研究や過去の建築様式の時代的変遷の研究などが重要な主題であったが,近年になって建築史の意義,目的が問い直され,美術史,経済史,技術史,文化史,社会史などとの関連が重要視されるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

建築史学の関連情報