コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

技術史 ぎじゅつし history of technology

4件 の用語解説(技術史の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

技術史
ぎじゅつし
history of technology

技術発達の歴史を究明する歴史学の一分野。人間生活の発達の歴史や科学史とは切り離せないものである。古代エジプトでは農耕技術やピラミッド築造,ナイル川の治水工事などに代表される土木技術が発達し,中世では,風車,水車などの動力を利用する技術が発達した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぎじゅつし【技術史 history of technology】

技術は他の分野と違ってその進歩が明確で蓄積的なので,技術の歴史に対する関心は早くからあったように思われるが,必ずしもそうではない。他の分野と同じく最初の技術史は事物の起源を問う神話的なものであった。すなわち,ギリシア神話プロメテウスが人間に火を与えたとし,周易の〈繫辞伝〉下は包犠氏が狩猟・漁労用の網を作り,神農氏が耕作具を作ったと説き,舟や車や弓矢・住居・文字等についてその起源を考察している。またエジプトではトートが文字や諸技術の創始者とされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぎじゅつし【技術史】

技術の人類史における歴史的展開を研究する学問分野。技術そのものの展開や工学の歴史だけでなく、技術と生産・経済・政治・社会・文化とのつながりについても考察する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

技術史
ぎじゅつし

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

技術史の関連キーワード技術遅進児デジュアリー・スタンダード異文独自都市伝説ハイテク産業乙に絡む長足の進歩技術開発

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

技術史の関連情報