弁開凧次郎(読み)べんかい たこじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弁開凧次郎 べんかい-たこじろう

1847-1924 明治-大正時代の家畜商。
弘化(こうか)4年6月生まれ。蝦夷(えぞ)地渡島(おしま)地方落部(おとしべ)コタン(北海道八雲町)の人。明治33年皇太子(大正天皇)に子グマ2頭をおくり,そのときの正装姿が小学校教科書にアイヌ風俗としてのる。また35年陸軍の八甲田山遭難事件の捜索に協力した。大正13年10月23日死去。78歳。アイヌ名はエカシバ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android