獣医(読み)じゅうい

百科事典マイペディア「獣医」の解説

獣医【じゅうい】

正しくは獣医師家畜やペット(ウシ,ウマ,ヒツジヤギブタイヌネコニワトリ等)の病気予防診断,治療を業務とするもの。獣医師法(1949年)の規定により獣医師免許審議会の行う国家試験に合格し,農林水産大臣の免許を受けなければならない。診療のほか,食肉検査や動物検疫なども行う。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「獣医」の解説

じゅう‐い ジウ‥【獣医】

〘名〙 「じゅういし(獣医師)」の
※獣医免許規則(明治二三年)(1890)一〇条「獣医の業を為したる者」 〔周礼‐天官・獣医〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「獣医」の解説

じゅう‐い〔ジウ‐〕【獣医】

家畜の病気を診断・治療する医師。国家試験に合格し農林水産大臣の免許を受ける。獣医師。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「獣医」の解説

じゅうい【獣医 veterinarian】

正しくは〈獣医師〉と称する。一般に動物を飼育する場合,健康維持はなかなか難しい。その動物が愛玩用であれ,生産物の利用を目的とする家畜であっても,病気にかかると,その本来寿命いっぱいに生き続けられるように治療が施されることが望まれる。もちろんこの場合は,専門的知識が必要である。また動物ないしはその生産物から,人へ病気が伝播(でんぱ)されることもあり,それを防ぐ必要もある。これらの社会的要求にこたえるための職能が獣医師である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android