コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八甲田山遭難事件 はっこうださんそうなんじけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八甲田山遭難事件
はっこうださんそうなんじけん

1902年,青森県の八甲田山で陸軍の雪中耐寒行軍中に起った遭難事件。1月 23日朝,青森歩兵第5連隊第2大隊 210人は,大隊長山口しん陸軍少佐の指揮で出発。日露戦争開戦2年前である。八戸平野に侵入した敵と交戦中の友軍援護の可能性を求めるという想定で,八甲田山系標高 1585mの雪道を踏破することを目的とした。翌 24日になり同部隊は暴風雪のなかで道を失い,厳寒,食糧の凍結,凍傷,過労で落伍者を出し,同 31日までに 210人中 199人を雪中に失うという世界山岳遭難史上無類の大量遭難事件となった。同じ試みは同月 20日から 10日間に弘前歩兵第 31連隊の 38人によっても行われ,弘前連隊は八甲田山の雪中行軍に成功している。軍はこの事件を秘密扱いとしたため真相は長らく不明であった。後年,新田次郎により小説『八甲田山死の彷徨』が書かれ,映画化された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

はっこうださんそうなんじけん【八甲田山遭難事件】

1902年(明治35)青森歩兵第五連隊の山口大隊二一〇名が、八甲田山での雪中行軍訓練中、猛吹雪のために遭難した事件。死者は一九九名に達した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

八甲田山遭難事件の関連キーワード弁開 凧次郎神成 文吉弁開凧次郎死者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android