弓山遺跡(読み)きゅうざんいせき(英語表記)Kungsan yujŏk

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうざんいせき【弓山遺跡 Kungsan yujŏk】

朝鮮民主主義人民共和国,平安南道温泉郡雲河里にあり,西海岸北部地方における櫛目文土器(新石器)時代の代表的集落遺跡。1949年の試掘を経て50年に発掘調査された。平壌の西方約45km,独立丘陵状を呈した標高20mの小弓山の南東緩傾斜面の上段に立地する。現在この付近の海岸線は,遺跡の西方約2kmのところに後退しているが,櫛目文土器時代には,遺跡のすぐ近くにあったものと推測される。層に埋まって竪穴式住居跡5基が検出され,また,櫛目文土器,石器,骨角器など800点以上の人工遺物と,獣骨,魚骨,貝などの自然遺物が採集された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android