弓弦打(読み)ゆづるうち

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆづる‐うち【弓弦打】

〘名〙 悪霊、魔、けがれなどを除くまじないとして弓の弦をはじいて鳴らすこと。つるうち。鳴弦。ゆみづるうち。
※宇津保(970‐999頃)蔵開上「夜は人にも見え侍らで、馬に乗りて来つつゆづるうちをしつつ夜廻りする」

ゆみづる‐うち【弓弦打】

〘名〙 魔を払うまじないとして弓弦を手で引き鳴らすこと。また、その人。鳴弦(めいげん)。弦打(つるうち)。弓鳴らし。ゆづるうち。
※書紀(720)雄略二三年八月(前田本訓)「是を以て、尾代、空しく弾弓弦(ユミツル打〈別訓〉ゆむつるうち)す。海浜(あまへた)の上にして、踊り伏しし者二隊(ふたたむら)を射死す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android