引寄せ網(読み)ひきよせあみ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

引寄せ網
ひきよせあみ

漁具の一種で、引網類に属する。漁具をさす場合の名称表記としては「曳(ひき)寄せ網」とするのが正しいが、一般に「引寄せ網」の表記が通行している。漁場で船を錨(いかり)止めしておいて、漁具を船まで引き寄せて揚網するものを引寄せ網と呼称し、引回し網と区分している。かつて動力船が発達していなかったころには引寄せ網が多かった。引寄せ網は浮引網類と底引網類とに分類されるが、手繰(てぐり)網類や桁(けた)網類などほとんどが後者に属し、主として底生動物を漁獲している。漁具の移動距離は引網類のうちでもっとも小さい。[笹川康雄・三浦汀介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の引寄せ網の言及

【漁具】より

… まず引網類だが,最後に魚が入る囊(ふくろ)網を中心に,両側に袖網と引綱がつくのが一般的な構成である。固定点から,引綱―袖網―囊網―袖網―引綱の順に水中にぐるっと張り回し,元の所にもどって網を引き寄せる引寄せ網と,網を船の後方あるいは側方に下ろし,曳行する引回し網(あるいは曳行網)とがある。前者には陸上から引く地引網,船を錨(いかり)で止めて船が引く船引網などがあり,後者には各種底引網などが入る。…

【底引網漁業】より

…広義の底引網には地引網も含まれるが,一般には底引網漁業に地引網は含めない。また,網をかけてからいかりを打って船を固定して,網を引き寄せる引寄せ網と,網を引いて進む引回し網とがあるが,現在は引寄せ網はあまり行われなくなっている。 網を引くに際しては,なるべく広い面積を引くのが効率がよいので,十分に網口を広げておく必要があるが,この開口の方法にいくつかある。…

※「引寄せ網」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android