コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引(き)腰 ヒキゴシ

デジタル大辞泉の解説

ひき‐ごし【引(き)腰】

女房装束裳(も)大腰の左右に取り付け、後ろに長く引き垂らした2本の飾りひも。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の引(き)腰の言及

【懸帯】より

…江戸時代の裳(も)についている帯と,平安時代の社寺参拝などのとき女子が胸から背にかけて垂れ結んだ帯をいう。(1)は平安時代になって形式的に衣の後ろにつけるようになり,そのひもも装飾化して引腰(ひきごし)などというものもできたが,鎌倉時代以後,裳は平時には用いられなくなり,その着装法にも変化が起こった。江戸時代に至って,この裳をつけるのに,唐衣(からぎぬ)と同じきれでこれにししゅうをしたり,あるいは糸の飾りをおいた帯を裳の後ろの腰につけて,これを肩越しに胸にかけてつるようになり,これを裳の懸帯といった。…

※「引(き)腰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

引(き)腰の関連キーワード裙帯(くたい)裳の腰懸帯

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android