コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大腰 オオゴシ

デジタル大辞泉の解説

おお‐ごし〔おほ‐〕【大腰】

柔道・相撲の技の一。相手のからだ全体を、自分の腰の上にのせるようにしてひねって投げる。
女房装束で、裳(も)の上端後ろ腰に当てる部分。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおごし【大腰】

[0]の上部の帯状の布で腰に当てる部分。
柔道の技の名。相手を自分の腰にのせて前に投げる腰技。
相撲で、相手の体を自分の腰にのせて投げる技。 「之れを相撲に譬ふれば…旅順口は-を以てなげたるが如く/愛弟通信 独歩

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大腰の関連キーワードイラクリ チレキゼ総腸骨動脈・静脈インナーマッスルセシル グラッソ裙帯(くたい)化膿性腸腰筋炎掛け帯・掛帯S状結腸裳の腰引き腰腸腰筋大腸柔道脇差相撲腰技小腰掛帯引腰

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大腰の関連情報