弘決外典鈔(読み)ぐけつげてんしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弘決外典鈔
ぐけつげてんしょう

唐の妙楽大師荊渓湛然 (けいけいたんねん) が著わした仏書摩訶止観輔行伝弘決 (まかしかんぶぎょうでんぐけつ) 』のなかに引用された漢籍の出典を示し,注解を加えた書。村上天皇の皇子具平親王の著。4巻。正暦2 (991) 年成立。漢籍は『周易』『尚書』など 59書に及ぶ。すでに散逸して,この書中のみに伝わる本もある。古写本に金沢文庫本と三条家本とがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぐけつげてんしょう グケツゲテンセウ【弘決外典鈔】

(「ぐけつげでんしょう」とも) 「摩訶止観」の注釈書である唐の湛然(たんねん)の「止観輔行伝弘決」四〇巻中に引用された外典の漢文を抄録し、注解を加えたもの。村上天皇の皇子具平親王の著。四巻一〇編。正暦二年(九九一)成立。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android