弟分(読み)おとうとぶん

精選版 日本国語大辞典「弟分」の解説

おとうと‐ぶん【弟分】

〘名〙
① 弟の資格で扱われる者。義弟。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉学生「奴はナ、文部の△△の弟分で」
② 美しい少年。特に男色の相手をする少年。若衆。ちご。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第一九「入子若ひ時には我も又 弟分など有こし物を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android