コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

張(り)出し ハリダシ

デジタル大辞泉の解説

はり‐だし【張(り)出し】

建物などの外側へ出っ張らせてつくること。また、その部分。「張り出しの桟敷」
(「貼り出し」とも書く)広く知らせるために人目につく所へはること。また、そのもの。貼り紙。
相撲で、正位置に準じるものとして番付の欄外に記すこと。また、その力士。「張り出し横綱」
江戸時代、女性の結髪の際、両鬢(びん)にふくらみと張りをもたせるために中に入れるもの。鯨(くじら)のひげなどを弓形にした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

張(り)出しの関連キーワードパラッツォ・ストロッツィランヨウアオイ(蘭葉葵)ミヤコアオイ(都葵)コヒルガオ(小昼顔)クイーン・アン様式アマラーバティーアルヘンティノ湖エプロンステージポークボンネット北太平洋高気圧プロスケニオンジンガサハムシストックレー邸パラスケニアアゼルリドーウェッデル海MIT学生寮棒受網漁業ギンカガミバルコニー

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android