コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強制排流法 きょうせいはいりゅうほう forced elimination of corrosive current

1件 の用語解説(強制排流法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

強制排流法
きょうせいはいりゅうほう
forced elimination of corrosive current

地中や水中の金属は陽極化して腐食しやすい (→金属の腐食 ) 。特に1本架線の郊外電車などは軌条が接地電極になっているので,そこから漏れた電流が水を電気分解して酸素を発生させ,付近に埋設されたケーブル鉛被,水道管,ガス管などを酸化腐食する現象が起りやすい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

強制排流法の関連キーワード真空冶金御し易い与し易い応力腐食耐食取っ付き易い水中の玉だんまや水産アクアティント電気めっき(電気鍍金)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone