当事者照会(読み)とうじしゃしょうかい

百科事典マイペディアの解説

民事訴訟の係属中において,口頭弁論の準備のために,裁判所を介さず直接に当事者間で必要な情報を相手方書面で照会できるという制度。1996年制定の新民事訴訟法によって新設された(同法163条)。照会は具体的・個別的で簡易であることを要し,侮辱的で困惑させられるような内容の照会などは拒絶できる。ただし,正当な照会に応じない場合の制裁規定は置かれていない。
→関連項目準備書面証拠民事訴訟法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

当事者の証拠収集手段を拡充する手段の一つとして,アメリカのディスカバリー制度(正式審理の前に相手方や第三者から証拠等の情報を得る制度)における質問書制度をヒントにして,新民事訴訟法(1996公布,98施行)が創設した制度。当事者は,訴訟の係属中,相手方に対し,その訴訟の主張または立証を準備するために必要な事項について,相当な期間を定めて,書面で回答するよう,書面で直接照会することができ,相手方はこれに誠実に回答する義務がある(民事訴訟法163条)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android