コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当麻皇子 たいまのおうじ

2件 の用語解説(当麻皇子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

当麻皇子
たいまのおうじ

用明天皇皇子。推古 11 (603) 年,征新羅大将軍来目皇子が筑紫に薨じたので後任となり,難波より発船した。しかし,播磨国 (兵庫県) において妻が没したため京に帰り,そのまま再び赴任せず,遠征計画は中止された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

当麻皇子 たいまのおうじ

?-? 飛鳥(あすか)時代,用明天皇の皇子。
当麻氏の祖。推古天皇11年(603)征新羅(しらぎ)将軍となるが,したがっていた妻の舎人(とねりの)皇女が死去したため遠征を中止してひきかえしたという。椀子(まろこの)皇子,麻呂子(古)皇子とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

当麻皇子の関連キーワード飛鳥岡本宮飛鳥川原宮飛鳥京磯長谷臘嘴鳥皇子阿倍秋麻呂石寸名菟道貝鮹皇女当麻豊浜舎人皇女

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone