コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当麻皇子 たいまのおうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

当麻皇子
たいまのおうじ

用明天皇皇子推古 11 (603) 年,征新羅大将軍来目皇子筑紫に薨じたので後任となり,難波より発船した。しかし,播磨国 (兵庫県) において妻が没したため京に帰り,そのまま再び赴任せず,遠征計画は中止された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

当麻皇子 たいまのおうじ

?-? 飛鳥(あすか)時代,用明天皇の皇子。
当麻氏の祖。推古天皇11年(603)征新羅(しらぎ)将軍となるが,したがっていた妻の舎人(とねりの)皇女が死去したため遠征を中止してひきかえしたという。椀子(まろこの)皇子,麻呂子(古)皇子とも。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

当麻皇子の関連キーワード用明天皇当麻豊浜椀子皇子堅塩媛あすか当麻

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android