当麻皇子(読み)たいまのおうじ

  • 当麻皇子 たいまのおうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

?-? 飛鳥(あすか)時代,用明天皇の皇子。
当麻氏の。推古天皇11年(603)征新羅(しら)将軍となるが,したがっていた妻の舎人(とねりの)皇女が死去したため遠征を中止してひきかえしたという。椀子(まろこの)皇子,麻呂子(古)皇子とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android