コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

来目皇子 くめのおうじ

5件 の用語解説(来目皇子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

来目皇子
くめのおうじ

[生]?
[没]推古11(603).2.4. 筑紫
用明天皇皇子。母は皇后穴穂部間人皇女聖徳太子の同母弟。推古 10 (602) 年征新羅将軍となり軍衆を率いて筑紫にいたり,遠征の準備を進めたが,病気により,翌年2月筑紫において薨じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

来目皇子 くめのおうじ

?-603 飛鳥(あすか)時代,用明天皇の第2皇子。
母は穴穂部間人(あなほべのはしひとの)皇女。聖徳太子の弟。「日本書紀」によると,推古天皇10年撃新羅(しらぎ)将軍に任命され,国造(くにのみやつこ),伴造(とものみやつこ)など2万5000の兵をさずけられる。筑紫(つくし)で渡海準備中病にたおれ,遠征をはたさないまま,推古天皇11年2月4日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

来目皇子

没年:推古11(603)
生年:生年不詳
用明天皇と穴穂部間人皇女の子厩戸皇子(聖徳太子)の同母弟。推古10(602)年,「撃新羅将軍」となり,諸神部および国造,伴造らを率いて筑紫の嶋郡(福岡県糸島郡の北部)に臨んだが,病を得,翌年2月に当地で亡くなる。殯を周防の娑婆(防府市)で行い,のちに河内埴生山(羽曵野市)に葬ったという。死後,異母兄の当麻皇子が代わって将軍となったが,これも妻の死で任を果たすことなくおわった。以上は『日本書紀』の記事であるが,7世紀の王族の一員が外交(軍事)にかかわったことを示す好史料でもある。

(荒木敏夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集の解説

来目皇子

 聖徳太子[しょうとくたいし]の弟で、推古10年(602年)2月に25000人の軍勢を率いて、朝鮮半島の百済[くだら]を助けるために新羅[しらぎ]討伐に向かいました。しかし、翌年の2月、九州にいるときに、病気で亡くなってしまいます。20数歳の若さと推定されます。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

くめのみこ【来目皇子】

?‐603(推古11)
用明天皇の皇子。母は穴穂部間人皇女で,聖徳太子の同母弟。《日本書紀》によれば602年(推古10)2月,撃新羅将軍として諸神部および国造,伴造ら2万5000の軍を授けられ,4月筑紫に至るが,6月病に臥して征討を果たさぬまま,翌年2月に没した。《上宮記》逸文には久米王とあり,敏達天皇王女の由波利王をめとり,男王,星河女王,佐富が生まれたという。また《姓氏録》左京皇別に登美真人の祖とある。【川口 勝康】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

来目皇子の関連キーワード聖徳太子穴穂部皇子穴穂部間人皇女厩戸皇子厩戸皇子・廐戸皇子小石姫皇女堅塩媛蘇我小姉君三輪逆宅部皇子

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone