形態別排架法(読み)けいたいべつはいかほう(英語表記)shelving by material form

図書館情報学用語辞典 第5版「形態別排架法」の解説

形態別排架法

固定排架法の一つ.資料をその大小形状などの物理的形態を基準に区分して排架する方法.この方法では,図書の高さなどが均一となるため,書架棚板間隔を必要最小限とすることで書架や収蔵スペースを有効に利用することができる.一方,同じ主題の図書であってもその形態により排架場所が異なってくるため,利用者が直接に書架に接する際には不便が生じる.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android