コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

形態規制[建築物] けいたいきせい[けんちくぶつ]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

形態規制[建築物]
けいたいきせい[けんちくぶつ]

建築基準法の規定の1つ。都市環境・景観の保持という考え方から,同法建築物の形態についていくつかの規制を加えている。代表的な規制としては容積率建蔽率がある。高さ制限には前面道路斜線制限,日照権とからんだ北側斜線制限のほか,住居専用地域での高さ制限,日陰による中高層ビルの高さ制限,敷地境界線からの壁面制限などがある。特に最近では,ビル建設にからむ日照権問題がトラブルとなるケースが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

形態規制[建築物]の関連キーワード建築基準法

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android