コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

形態規制[建築物] けいたいきせいけんちくぶつ

1件 の用語解説(形態規制[建築物]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

形態規制[建築物]
けいたいきせいけんちくぶつ

建築基準法の規定の1つ。都市環境・景観の保持という考え方から,同法は建築物の形態についていくつかの規制を加えている。代表的な規制としては容積率,建蔽率がある。高さ制限には前面道路斜線制限,日照権とからんだ北側斜線制限のほか,住居専用地域での高さ制限,日陰による中高層ビルの高さ制限,敷地境界線からの壁面制限などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

形態規制[建築物]の関連キーワード建築確認申請仮設建築物境界線二項道路完了検査申請接道義務確認申請長期優良住宅の認定基準建築基準法第8条(維持保全)工事完了検査

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone