コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建蔽率 けんぺいりつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建蔽率
けんぺいりつ

建築物の建築面積の敷地面積に対する割合建築基準法によれば,その上限値は 2002年現在,商業地域,近隣商業地域は 10分の6から 10分の8,第1種・第2種低層住居専用地域,第1種・第2種中高層住居専用地域,工業専用地域は 10分の3から 10分の6までで別途都市計画で定められる率,用途地域指定のない地域は 10分の3から 10分の7と定められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リフォーム用語集の解説

建蔽率

建物の建築面積の敷地面積に対する割合。建築基準法では、都市計画区域内の用途地域ごとに、建築できる建物の建ぺい率の上限が定められている。敷地が街区の角地にあり、特定行政庁が指定したものなどは建ぺい率が緩和される。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

けんぺいりつ【建蔽率】

敷地面積に対する建築面積の割合。都市計画区域内では地域ごとに用途が指定されており、住居専用地域で30~60%、商業地域で80%というように、用途によって限度が定められている。災害時の安全性、衛生環境などの観点から、建物の過度の密集を避ける指標となる。◇「建築面積率」ともいう。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内の建蔽率の言及

【建築密度】より

…ある一定の土地に対する建築物の量の多少の程度を表す概念。建築面積率,建築容積率,戸数密度等の指標がある。建築面積率は建ぺい(蔽)率ともいい,建築面積の敷地面積に対する割合をいう。これは,建築物の面積と土地面積を組み合わせた指標の一つで,建築物の密集度を表す。ここで建築面積とは,建築物の外壁,またはこれに代わる柱の,中心線で囲まれた部分の水平投影面積のことである。なお,軒,ひさし,出窓など突出部の出が中心線より1mをこすときは,こえた部分は建築面積に加算される。…

※「建蔽率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

建蔽率の関連キーワード優良田園住宅建設促進法形態規制[建築物]連担建築物設計制度建築物

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

建蔽率の関連情報