コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

形成的評価 けいせいてきひょうかformative evaluation

2件 の用語解説(形成的評価の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

形成的評価
けいせいてきひょうか
formative evaluation

教育学用語。さまざまな教育活動の途上で,その活動が所期の目的を達成しつつあるかどうか,どのような点で活動計画の修正が必要であるかを知るために行われる評価活動。アメリカの B.S.ブルームマスタリー・ラーニングの理論との関連で提唱した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

形成的評価

指導の途中でそこまでの成果を把握し、その後の学習を促すために行う評価のこと。学習者が現段階でどの程度教育目標を達成できているかを見る。 形成的評価を行うことにより、学習者は自分自身の習得度を知り、学習活動を調整したり、的確な復習を行うことができる。教える側は達成度の低い学習者への個別対応が可能になるほか、カリキュラムや指導方法、教材などを改善できるという利点がある。 なお、形成的評価のために行うテストのことを形成的テストとよぶ。

出典|ナビゲート
ナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

世界大百科事典内の形成的評価の言及

【教育評価】より

…それは,例えば学力評価に関しては,伝統的にその方法の中心になってきた〈相対評価〉,すなわちある一定の集団の中の相対的な位置によって個人の学力を評価する方法から,〈到達度評価〉,つまり最低限すべての子どもを到達させる教育目標を具体的,実体的に示して,この基準に従って到達の程度を評価する方法への転換である。また,学期や単元の終了時に行う総括的な評価とならんで,〈形成的評価〉――評価を学習活動が終了した時点で行うのではなく,学習過程の最中に,次の教授=学習活動が適切で有効に行われるように,修正の必要な部分を即座に把握するために行う評価――が重視されるようになった。また評価活動を単に生徒の進路や処遇の決定に役立てるのではなく,一人一人の生徒の学習状況を診断し,カリキュラムや教材の改善に役立てる情報を得る活動と考えることも一般的になってきた。…

※「形成的評価」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone