所期(読み)ショキ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 心のなかでそうなるようにと期待して待ちうけていること。また、まえもって定めておくこと。しょご。「所期の目的を達する」
※勘仲記紙背文書‐弘安二年(1279)九月一六日・大和大道寺保雑掌申状「両月之間是非歟。然者、不所期哉」
※北村透谷(1934)〈唐木順三〉「かういふ現実社会、日常生活へ一人で飛込んだとしても彼の所期する野望は達し得られようがない」 〔南史‐王錫伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

所期の関連情報