所期(読み)しょき

精選版 日本国語大辞典「所期」の解説

しょ‐き【所期】

〘名〙 心のなかでそうなるようにと待して待ちうけていること。また、まえもって定めておくこと。しょご。「所期の目的を達する」
※勘仲記紙背文書‐弘安二年(1279)九月一六日・大和大道寺保雑掌申状「両月之間是非歟。然者、不所期哉」
※北村透谷(1934)〈唐木順三〉「かういふ現実社会、日常生活へ一人で飛込んだとしても彼の所期する野望は達し得られようがない」 〔南史‐王錫伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「所期」の解説

しょ‐き【所期】

[名](スル)期待すること。また、期待するところ。しょご。「所期した目標を上回る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「所期」の解説

【所期】しよき

期待する。実現したいと思う。〔南史、約伝〕(南斉)武謂ひて曰く、今、を用(もつ)てと爲す。想ふに我が(そ)はんと。

字通「所」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android