コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

予定調和 よていちょうわharmonie préétablie; preestablished harmony

5件 の用語解説(予定調和の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

予定調和
よていちょうわ
harmonie préétablie; preestablished harmony

ドイツの哲学者ライプニッツ形而上学的根本原理の一つ。彼の実体概念であるモナドは相互に影響し合うことはなく,因果関係は見かけにすぎない。たとえばAが語った言葉をBが理解するのは,A,B,2つのモナドそれぞれの内的変化があらかじめ神によってしかるべく定められているからであると説明される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

よてい‐ちょうわ〔‐テウワ〕【予定調和】

ライプニッツの哲学で、宇宙は互いに独立したモナドからなり、宇宙が統一的な秩序状態にあるのは、神によってモナド間に調和関係が生じるようにあらかじめ定められているからであるという学説。→モナド論
(日本社会で)小説・映画・演劇・経済・政治等広い範囲で、観衆・民衆・関係者等の予想する流れに沿って事態が動き、結果も予想通りであることをいう。「勧善懲悪の予定調和を破った時代小説」「予定調和の法案成立」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

予定調和【よていちょうわ】

ライプニッツの哲学説の根本原理。相互に独立で各自の内的法則によって自己発展する各モナド(単子)が相互に対応し,世界の秩序が保たれるのは,神が各モナド間にあらかじめ定めておいた調和によるとする説。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よていちょうわ【予定調和 harmonie préétablie[フランス]】

ライプニッツの形而上学思想の核心をなす考え方ライプニッツは〈モナドロジー〉の立場から,神により創造された諸実体の間の直接的相互作用を否定するが,それにもかかわらず世界を構成する諸実体のはたらきが,互いに厳密に対応しあい,全体としてよく調和しているとした。そのために,また問題をより限定すれば,デカルト以来の心身関係についての困難を解決するために,現実的世界の創造に先立つ神の可能的世界の構想のうちに,諸実体の間の調和があらかじめ定められており,それにもとづいて創造された世界の事物の間に予定された調和の関係が実現されることを説いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

よていちょうわ【予定調和】

〘哲〙 ライプニッツの説で、単純で相互独立的なモナドの合成体である世界は神の意志によってあらかじめ調和すべく定められているのだという考え。 → モナド論

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の予定調和の言及

【モナド】より

…しかしおのおののモナドは相互に他から独立であり,モナドはそこから物が入ったり出たりする〈窓〉をもたない(無窓説)。モナドの作用は自己の内的原理のみにもとづいて展開され,モナド相互の間には予定調和の原理に従う観念的関係しか存しない。ライプニッツによれば宇宙においていっさいは生命的はたらきによってみたされており,物質のどのような微細な部分にも生命がある。…

※「予定調和」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

予定調和の関連情報