コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彦島春菜

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

彦島春菜[葉茎菜類]
ひこしまはるな

中国地方、山口県の地域ブランド。
主に下関市彦島地区で生産されている。長崎白菜を改良した品種といわれ、明治時代末期から昭和30年代まで彦島地区で盛んに栽培されていた。栽培は一旦は途絶えたものの、近年内日地区で復活している。葉は濃い緑色で縮緬が多い。葉柄は白く幅が広い。歯切れがよく、漬物炒め物などに利用される。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

彦島春菜の関連キーワード山口県下関市中国地方

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android