コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彦島春菜

デジタル大辞泉プラスの解説

彦島春菜

山口県下関市で生産される葉物野菜。葉に縮れがあり、半結球。早生のものは葉色が薄く、晩生のものは葉色が濃い。同市彦根地区で明治期から栽培されている伝統野菜で、「長崎白菜」の改良種と言われている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

彦島春菜[葉茎菜類]
ひこしまはるな

中国地方、山口県の地域ブランド。
主に下関市彦島地区で生産されている。長崎白菜を改良した品種といわれ、明治時代末期から昭和30年代まで彦島地区で盛んに栽培されていた。栽培は一旦は途絶えたものの、近年内日地区で復活している。葉は濃い緑色で縮緬が多い。葉柄は白く幅が広い。歯切れがよく、漬物炒め物などに利用される。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

彦島春菜の関連キーワード山口県下関市中国地方

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android