一旦(読み)いったん

精選版 日本国語大辞典「一旦」の解説

いっ‐たん【一旦】

[1] 〘名〙 (「」は朝の)
① ある日の朝。また、朝の時間の一回分。ある朝。ひと朝。また、一日。
※霊異記(810‐824)下「一旦に二人の命を亡(ほろぼ)さむ」
※山王絵詞(1310頃)三「一旦に電して盤石ことごとく摧破しぬ」 〔白居易‐燕詩示劉叟詩〕
② 本格的でない短期間。また、永続的でない短時間。一時。しばらくの間。多く「いったんの」の形で用いられる。
※玉葉‐承安三年(1173)一〇月二一日「雖其実、一旦之風聞、奇怪無双者」
※平松家本平家(13C前)一「一旦の楽にほこって後生を知らざらん事の心憂さに」 〔史記‐蕭相国世家〕
③ 一度。ひとたび。かつて一度心に決めたことなどについていうことが多い。
[2] 〘
① 本格的でなく、かりそめであるさま。また、持続的でなく一時的であるさま。しばらくの間。一時的に。ちょっと。
古事談(1212‐15頃)三「一旦蘇生せさせて、念仏をも申してきかせまほしく侍り」
※平家(13C前)七「汝等は一旦したがひつく門客にあらず、累祖相伝の家人(けにん)也」
② (一時的である可能性はあるが、ともかく) 今までとは異なる事態に移る区切りとなるさま。ひとたび。一朝(いっちょう)。仮にも。
徒然草(1331頃)一二九「一旦恥ぢ恐るることあれば、必ず汗を流すは、心のしわざなりといふことを知るべし」
※虎明本狂言・禰宜山伏(室町末‐近世初)「一たんはむりをいひかけたに」
[語誌]→「いったん(一端)」の語誌

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一旦」の解説

いっ‐たん【一旦】

《「旦」は朝の意》
[名]
一度。「一旦は中止と決まっていた」
しばらくの間。一時。
「—の楽しみにほこって、後生を知らざらん事の悲しさに」〈平家・一〉
あの時一度。
「—の御心をそむき」〈曽我・七〉
[副]
ひとたび。一度。「一旦怒りだすと、手がつけられない」
ひとまず。一時的に。「一旦帰国する」
アクセントイッタン、はイッタン
[類語]一度一回一遍ひとたび一朝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android