待命休職(読み)タイメイキュウショク

デジタル大辞泉の解説

たいめい‐きゅうしょく〔‐キウシヨク〕【待命休職】

公務員などが待命期間を過ぎたら退職することを前提に、その期間中給与を受けながら休職すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいめいきゅうしょく【待命休職】

退職を前提に一定期間を休職扱いとし、その間休職給を支払うもの。人員整理の一方法で、公務員の人員整理に用いられた。待命制度。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android