後の雁が先になる(読み)あとのかりがさきになる

ことわざを知る辞典「後の雁が先になる」の解説

後の雁が先になる

から来た者が仲間を追い越して先になる。後から行った者が先に進んでいた者を追い抜く。後輩学識・地位・力量・権力・財産などが先輩のそれをしのぐこと。また、若い者が先に亡くなることなどにもいう。

[類句] 後のかえって先になる

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「後の雁が先になる」の解説

あと【後】 の 雁(かり・がん)が先(さき)になる

あとから来たものが前のものの先になる。後輩が先輩を追い越したり、若い者が先に死んだりすることなどにいう。
俳諧・鶉衣(1727‐79)後「跡の雁先へとはたが秋の空」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「後の雁が先になる」の解説

後(あと)の雁(かり)が先(さき)になる

後輩が先輩を追い越して出世したり、若い者が先に死んだりするなど、あとのものが先のものを追い越すことにいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android