学識(読み)ガクシキ

大辞林 第三版の解説

がくしき【学識】

学問と知識。また、学問を通じて得た高い見識。 「 -豊かな人」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

がく‐しき【学識】

〘名〙 問と見識。また、学問から得た、物事を正しく見分ける判断力。
※随筆・胆大小心録(1808)一〇七「馬峻が学識しらず」
※舞姫(1890)〈森鴎外〉「学識あり、才能あるものが、いつまでか一少女の情にかかづらひて、目的なき生活をなすべき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

学識の関連情報