コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後堀河院民部卿典侍 ごほりかわいんの みんぶきょうのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後堀河院民部卿典侍 ごほりかわいんの-みんぶきょうのすけ

1195-? 鎌倉時代の歌人。
建久6年生まれ。藤原定家(さだいえ)の娘。後鳥羽上皇,のち安嘉門院につかえ,寛喜(かんぎ)元年九条道家の娘竴子(しゅんし)(藻璧門院)の入内(じゅだい)を契機に後堀河天皇につかえる。「新勅撰(ちょくせん)和歌集」以下の勅撰集に24首のる。典侍因子ともいう。家集に「後堀河院民部卿典侍集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

後堀河院民部卿典侍の関連キーワード春華門院アレクシウス3世特定不妊治療春華門院聖福寺土御門天皇中山忠親冥王星奥州総奉行萱津

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android