コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春華門院 シュンカモンイン

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春華門院 しゅんかもんいん

1195-1211 鎌倉時代,後鳥羽(ごとば)天皇の第1皇女。
建久6年生まれ。母は宜秋門院。誕生の年に内親王となり,翌年一品(いっぽん),准三宮(じゅさんぐう)。八条院の猶子として養育され,比類ない美しさであったという。承元(じょうげん)2年(1208)順徳天皇の准母として皇后宮となり,翌年院号をうけた。建暦(けんりゃく)元年11月8日死去。17歳。名は昇子(しょうし)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

春華門院

没年:建暦1.11.8(1211.12.14)
生年:建久6(1195)
鎌倉時代後鳥羽天皇の第1皇女,名は昇子。母は関白九条兼実の娘宜秋門院任子。建久6(1195)年内親王宣下,八条院の猶子として養育される。7年一品に叙され,准三宮,承元2(1208)年東宮(順徳天皇)の准母として皇后宮となり,3年院号宣下。建暦1(1211)年八条院の崩御によりその莫大な遺領を相続するが,相次いで崩じたため,院領は後鳥羽上皇の管領となる。『愚管抄』は「立てば光る……」美少女と評し,父後鳥羽の寵愛を記す。皇子でなかったことは外祖父兼実を落胆させ,誕生の翌年兼実は建久7年の政変で失脚,母任子も御所を去った。17歳で崩じ,養育係だった健御前の追慕が『たまきはる』に記される。

(今村みゑ子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

しゅんかもんいん【春華門院】

1195~1211) 後鳥羽天皇の皇女。名は昇子。1208年順徳天皇の准母として皇后宮の尊称を受けた。翌年院号宣下。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の春華門院の言及

【八条院】より

…その間にも平頼盛,藤原長経などの受領(ずりよう)の寄与により荘園の数はさらに増加し,76年(安元2)2月の前闕の目録(〈山科家古文書〉)には,歓喜光院領17以上,弘誓院(ぐせいいん)領6,智恵光院領1,蓮華心院領4,庁分(女院庁の直接管理する荘分)40がみえ,これに安楽寿院領を加えた荘園群が成立している。八条院は96年(建久7)九条兼実の子良輔に譲った庁分の一部を除き,すべて以仁王の女に譲与したが,1204年(元久1)この女性が死去したため,結局この荘園群は後鳥羽天皇の女で,兼実の女任子を母とし八条院の猶子となった春華門院昇子の手中に入った。しかし春華門院は八条院の後を追うように同じ年(1211)に世を去り,八条院領はその猶子順徳天皇に伝えられ,後鳥羽の管領下に入った。…

※「春華門院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

春華門院の関連キーワード春華門院カラ・キタイ建暦三長記健御前日野資実三長記春華門院黒契丹建暦

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone