コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後縦靭帯骨化症 コウジュウジンタイコッカショウ

1件 の用語解説(後縦靭帯骨化症の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうじゅうじんたい‐こっかしょう〔‐コツクワシヤウ〕【後縦×靭帯骨化症】

椎骨(ついこつ)を連結している靭帯骨化する病気。特定疾患の一。進行すると脊柱管が狭くなり、神経が圧迫され、知覚障害や運動障害などの神経障害を引き起こす。首筋や肩甲骨周辺のしびれ・痛みが指先・上肢・下肢に広がり、手指の細かい作業や歩行が困難になる。原因は不明。治療法は、頸椎(けいつい)を固定する保存的治療、消炎鎮痛剤・筋弛緩剤などによる薬物療法などがあり、症状が重い場合は手術治療が必要となる。OPLL(ossification of the posterior longitudinal ligament)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後縦靭帯骨化症の関連キーワード椎骨連鎖式敷桁連結器骨壊死タンデム (tandem)トランデム(輓曵) (trandem)中段馬 (swing horse)蹄軟骨化骨症 (side bone, calcification of the lateral cartilages)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

後縦靭帯骨化症の関連情報