後腹(読み)アトバラ

デジタル大辞泉の解説

あと‐ばら【後腹】

産後の腹痛。
事がすんだあとに生じる、出費などの障害・苦痛。
後妻の産んだ子。⇔先腹

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あとばら【後腹】

〔「あとはら」とも〕
出産後の腹痛。
事がすんだあとに生じる、出費などの苦痛。 「其の運動費の-だとか云ふ話でございました/金色夜叉 紅葉
後妻の生んだ子。
[句項目] 後腹が病める

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あと‐はら【後腹】

〘名〙
① (「あとばら」とも) 出産したあとの腹。特に腹痛を伴う場合にいう。児腹痛。児枕痛
仮名草子・似我蜂物語(1661)中「あとはらのかぶりけるはひへかと存候」
② (多く「あとばら」) 後妻の産んだ子。⇔先腹
俳諧・類船集(1676)久「さきばら後ばらの子はたがひにいどみあふ事とぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後腹の関連情報