浅い(読み)アサイ

デジタル大辞泉「浅い」の解説

あさ・い【浅い】

[形][文]あさ・し[ク]
表面から底まで、また入り口から奥までの距離が短い。深さが少ない。「―・い池」「―・いなべ」「―・い洞窟どうくつ」⇔深い
物事の程度や分量、また、かかわりなどが少ない。「傷は―・い」「経験が―・い」「眠りが―・い」「つきあいが―・い」⇔深い
その状態になってから日数や時間が少ししかたっていない。「勤めてから日が―・い」「春まだ―・い」「夜もまだ―・い時刻」
色が薄い。淡い。「―・い緑」⇔深い
香りが淡い。
「―・からずめたる紫の紙に」〈明石
位や家柄が低い。
「九条殿の君達は、まだ御位ども―・ければ」〈栄花・月の
情愛がうすい。
「当時の博士、あはれ―・く貪欲深くして」〈宇津保・祭の使〉
[派生]あささ[名]あさみ[名]
[類語](1浅め浅み浅場遠浅/(4薄い淡い淡淡しい薄める薄れる薄らぐ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android