後藤竜二(読み)ごとう りゅうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後藤竜二 ごとう-りゅうじ

1943-2010 昭和後期-平成時代の児童文学作家。
昭和18年6月24日生まれ。42年郷里北海道の農村を舞台に,成長する子供のエネルギーをえがいた「天使で大地はいっぱいだ」で注目される。「魔球」「故郷」などの自伝的作品,「野心あらためず」(平成6年野間児童文芸賞)などの歴史小説も手がける。平成19年「おかあさん、げんきですか。」(後藤竜二作・武田美穂絵)で日本絵本賞大賞。平成22年7月3日死去。67歳。早大卒。本名は隆二。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android