コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後藤藤四郎 ゴトウトウシロウ

デジタル大辞泉の解説

ごとう‐とうしろう〔‐トウシラウ〕【後藤藤四郎】

短刀の名作。京都の刀工、粟田口(あわたぐち)藤四郎吉光の作。金座後藤光次(みつつぐ)が所持したところからの名称で、現在は尾張の徳川家蔵。国宝。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

後藤藤四郎

鎌倉時代につくられた日本刀。藤四郎吉光の作による短刀。「享保名物帳」に所載。国宝。号は、金座・銀座の元締め後藤庄三郎が所持していたことにちなむ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

後藤藤四郎の関連キーワード鎌倉時代後藤

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android