コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後藤謙太郎 ごとう けんたろう

2件 の用語解説(後藤謙太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後藤謙太郎 ごとう-けんたろう

1895-1925 大正時代の社会運動家。
明治28年1月生まれ。三井三池炭鉱などではたらきながら,詩作や反戦活動をおこなう。大正11年岡山,金沢の兵士に反軍ビラをまいて逮捕され(軍隊宣伝事件),服役中の大正14年1月20日自殺。31歳。死後「労働・放浪・監獄より」が刊行された。熊本県出身。鹿本中学中退。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

後藤謙太郎

没年:大正14.1.20(1925)
生年:明治28(1895)
大正期の反逆的な詩人,反軍運動家。熊本県葦北郡日奈久町(八代市)生まれ。三井三池,松島,伊田などの炭鉱中心に底辺の労働生活を続けた。貧窮の中に反軍,反戦活動やアナキズム運動にも力を注いだ。吉田一らの労働社,中浜哲らのギロチン社にも関係。労働や運動のため,国内各地や満州(中国東北部)をまわったので,上田,栃木,宇都宮,熊本,東京,市ケ谷,千葉など各地の監獄にも繋がれるが,その各地から『労働者』『小作人』『関西労働者』『労働者詩人』などに詩,短歌を寄せた。大正11(1922)年岡山,金沢などで兵隊に反軍のビラをまいた軍隊宣伝事件で2年の刑に処せられ,服役中の東京巣鴨監獄で自殺した。<著作>『労働放浪監獄より』<参考文献>逸見吉三『墓標なきアナキスト像』

(小松隆二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後藤謙太郎の関連キーワード熊本県熊本県立大学運動家詩仙反軍難波大助浦田武雄佐々木道元中浜哲湯浅初子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

後藤謙太郎の関連情報