コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後見制度支援信託 コウケンセイドシエンシンタク

2件 の用語解説(後見制度支援信託の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうけんせいど‐しえんしんたく〔‐シヱンシンタク〕【後見制度支援信託】

被後見人の現金・預貯金信託銀行信託財産として管理する仕組み。成年後見制度法定後見および未成年後見制度被後見人が対象。多額の現金を払い戻す場合は家庭裁判所への申請が必要となる。後見人による財産の流用などの不正事例が後を絶たないことから導入が検討され、平成24年(2012)2月から取り扱いが開始された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

後見制度支援信託

後見人が付いている未成年者や知的障害者、認知症の人らの財産を信託銀行に預けて保護する仕組み。後見人による財産横領が頻発した反省から導入された。主に1千万円以上の高額財産があるケースでの適用が想定されている。適用されると、お金の引き出しには家裁の許可が必要になるが、日常の支出をまかなうために毎月一定額を後見人に送ることもできる。弁護士司法書士らの意見を聞いて家裁が決める。

(2012-09-18 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後見制度支援信託の関連キーワード後見人指定後見人成年後見人成年被後見人被後見人後見制度未成年後見制度未成年後見人市民後見人後見・後見人

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

後見制度支援信託の関連情報