コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法定後見(読み)ホウテイコウケン

デジタル大辞泉の解説

ほうてい‐こうけん〔ハフテイ‐〕【法定後見】

成年後見制度の一。精神上の障害があり判断能力が不十分なために、財産管理や契約などの手続きが困難な者に対し、家庭裁判所の審判によって行為の代理または補助をする者が選任される。本人の判断能力の程度に応じて、後見保佐補助のいずれかに分けられる。→任意後見
[補説]民法では、後見は「精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く常況にある者」、保佐は「精神上の障害により事理を弁識する能力が著しく不十分である者」、補助は「精神上の障害により事理を弁識する能力が不十分である者」を対象としている。禁治産制度における禁治産は後見、準禁治産は保佐に近いが、準禁治産に含まれていた、浪費・借財をする者については保佐に該当しない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうていこうけん【法定後見】

民法で定められた後見。成年後見については、家庭裁判所の審判によって開始する成年後見、保佐、補助の三類型がある。 → 成年後見制度

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法定後見の関連情報