コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徒居/只居 タダイ

デジタル大辞泉の解説

ただ‐い〔‐ゐ〕【徒居/×只居】

なにもしないでむだに時を過ごすこと。
「暫時も―せず」〈浮・永代蔵・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ただい【徒居】

( 名 ) スル
なにもしないでいること。むだに暮らすこと。 「暫時も-せずかせげ共/浮世草子・永代蔵 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

徒居/只居の関連キーワードヤールカンド(葉爾羌)県ボコ・ハラムモスタガネムダマスカスパキスタンコーチン浮世草子暫時

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android