徒食(読み)トショク

デジタル大辞泉の解説

と‐しょく【徒食】

[名](スル)働かないで遊び暮らすこと。座食。居食い。「無為徒食
「親譲りの財産で―する島村には」〈康成雪国

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

としょく【徒食】

( 名 ) スル
働かずにぶらぶらと遊んで暮らすこと。 「無為-する生活」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

と‐しょく【徒食】

〘名〙 何も仕事をしないで、ぶらぶらと遊び暮らすこと。座食居食い。「無為徒食
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉一「巨大なる寺院も出来、徒食の僧尼数多出来しかば、国内入費極めて増加せりと云はざるべからず」 〔礼記‐王制〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徒食の関連情報