徒食(読み)としょく

精選版 日本国語大辞典「徒食」の解説

と‐しょく【徒食】

〘名〙 何も仕事をしないで、ぶらぶらと遊び暮らすこと。座食居食い。「無為徒食
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉一「巨大なる寺院も出来、食の僧尼数多出来しかば、国内入費極めて増加せりと云はざるべからず」 〔礼記王制

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「徒食」の解説

【徒食】としよく

働かずにくらす。〔礼記、王制〕君子耆老(きらう)は徒行せず。庶人の耆老は徒せず。

字通「徒」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android