片時(読み)かたとき

精選版 日本国語大辞典「片時」の解説

かた‐とき【片時】

〘名〙 (「かたどき」とも) 一時(ひととき)の半分。わずかの間。ちょっとの間。へんじ。
※竹取(9C末‐10C初)「物思ひには、かた時になん、老いになりにけりと見ゆ」
※源氏(1001‐14頃)若紫「今はましてかたときのまもおぼつかなかるべし」
※落語・佃祭(1895)〈四代目橘家円喬〉「(カタドキ)も貴方様のことは忘れやア致しません」

へん‐じ【片時】

〘名〙 (古くは「へんし」) すこしの間。ちょっとの間。しばし。暫時。かたとき。
※万葉(8C後)五・八一一左詞文「敬奉徳音、幸甚幸甚、片時覚、即感於夢言慨然不止黙、故附公使聊以進御耳」
※仮名草子・伊曾保物語(1639頃)上「我にへんしのいとまをたべ」 〔江総‐閨怨篇〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「片時」の解説

かた‐とき【片時】

一時ひとときの半分の》ほんのしばらくの間。ちょっとの間。へんじ。「片時も目が離せない」
[類語]一刻寸秒寸刻寸時ちょっと瞬間一瞬瞬時刹那一刹那とっさ数刻束の間たまゆら須臾しゅゆ電光石火

へん‐じ【片時】

《古くは「へんし」》ちょっとの間。わずかな時間。かたとき。「片時も心が休まらない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android