片時(読み)カタトキ

  • へんじ

デジタル大辞泉の解説

《一時(ひととき)の半分の意》ほんのしばらくの間。ちょっとの間。へんじ。「片時も目が離せない」
《古くは「へんし」》ちょっとの間。わずかな時間。かたとき。「片時も心が休まらない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「かたどき」とも) 一時(ひととき)の半分。わずかの間。ちょっとの間。へんじ。
※竹取(9C末‐10C初)「物思ひには、かた時になん、老いになりにけりと見ゆ」
※源氏(1001‐14頃)若紫「今はましてかたときのまもおぼつかなかるべし」
※落語・佃祭(1895)〈四代目橘家円喬〉「片時(カタドキ)も貴方様のことは忘れやア致しません」
〘名〙 (古くは「へんし」) すこしの間。ちょっとの間。しばし。暫時。かたとき。
※万葉(8C後)五・八一一左詞文「敬奉徳音、幸甚幸甚、片時覚、即感於夢言慨然不止黙、故附公使聊以進御耳」
※仮名草子・伊曾保物語(1639頃)上「我にへんしのいとまをたべ」 〔江総‐閨怨篇〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

片時の関連情報