コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

得たり賢し エタリカシコシ

デジタル大辞泉の解説

えたり‐かしこし【得たり賢し】

[連語](多く「と」を伴って副詞的に用いる)物事が自分の思いどおりになったときの喜びの気持ちを表す語。しめた。うまくいった。
「意地の悪い鳥は…、―と頭の上を啼いて通る」〈藤村破戒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えたりかしこし【得たり賢し】

自分に都合よくなったときに発する語。しめた。うまくいった。 「 -とばかり攻めたてる」 「永田は-とスタンダルの恋愛観を述出した/うづまき

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

得たり賢しの関連キーワード得たり連語

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android