得たり賢し(読み)エタリカシコシ

デジタル大辞泉の解説

えたり‐かしこし【得たり賢し】

[連語](多く「と」を伴って副詞的に用いる)物事が自分の思いどおりになったときの喜びの気持ちを表す語。しめた。うまくいった。
「意地の悪い鳥は…、―と頭の上を啼いて通る」〈藤村破戒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

えたり【得たり】 賢(かしこ)

自分の思う通りにことが運んだようなときに、満足して発することば。うまくいった。しめた。えたりやかしこし。
※太平記(14C後)一五「得たり賢(カシコ)しと三千余騎の兵共、抜き連て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

得たり賢し

自分の思う通りにことが運んだようなときに、満足して発することば。うまくいった。しめた。

[使用例] 降って湧いた温泉へ得たり賢しと飛び込む気にもなる[夏目漱石*虞美人草|1907]

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる