得手(読み)えて

精選版 日本国語大辞典「得手」の解説

え‐て【得手】

〘名〙
技芸などで、体得したわざ。「えてに入る(=得意のわざとなる)」
② 技芸などで最も得意とするわざ。そのことに巧みであること。得手吉得手物
※風姿花伝(1400‐02頃)七「えての能をして、精励を出せば」
③ 物を自分の都合のよい方にばかり捉えること。得手勝手
浄瑠璃傾城酒呑童子(1718)三「左様の時に、得手(エテ)のお方が、今宵一夜はおれが物、一寸傍(そば)を放さぬと、堅くろしいお方がござります」
④ 例のこと、例のもの、例の所など聞き手にそれと通じると思われる物事や人をさしていう。主としてあからさまにいうのをはばかる物事や場合にいう。得手。得手物。
稽本・浮世風呂(1809‐13)三「例所(エテ)へ行(いっ)て、ももんぢいで四文(しもん)二合半(こなから)ときめべい
⑤ (「さる」の音が「去る」に通ずるのを忌んでいう) 「さる(猿)」の異名。得手吉。得手物。得手公。〔模範新語通語大辞典(1919)〕
⑥ 戸のさるかぎ。戸の栓(せん)
※雑俳・紀玉川(1819‐25)「得手差て言ふ気女房のはらげ髪」
⑦ 月経をいう。月経のことを猴坊ということから転じたものか。
洒落本・南極駅路雀(1789)「それにあのお子は積気(しゃくき)だの、えてになるといつでもあれよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「得手」の解説

え‐て【得手】

巧みで、得意とすること。最も得意とするところ。えて物。えて吉。「人にはそれぞれ得手不得手がある」
得手勝手」の
「—のお方が、今宵一夜はおれが物、一寸側を離さぬと」〈・傾城酒呑童子〉
相手がそれと了解できるものをさしていう語。例の所。例の物。例の人。えて物。えて吉。
「—へ行って、ももんじい四文二合半しもんこなからときめべい」〈滑・浮世風呂・三〉
《猿が「去る」に通じるのを忌むところから》猿。えて公。えて吉。
[類語]特技専売特許上手得意売り物十八番おはこお家芸お株お手の物達者堪能巧者得手物有能器用多才うまたく巧妙潰しが利くくする腕が立つ敏腕辣腕腕利き腕こき腕っこき手練てだれ手利き名人達人名手妙手エキスパート巨星巨匠名匠名工大家たいか権威第一人者泰斗たいと耆宿きしゅく大御所おおごしょオーソリティー巧手怪腕凄腕腕達者

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android