コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

得業士 トクギョウシ

大辞林 第三版の解説

とくぎょうし【得業士】

旧制の専門学校、特に医学専門学校の卒業生の称号。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の得業士の言及

【学位】より

…しかし貴族社会の中で高い地位は与えられず,また博士の学位はむしろ世職として,ある家に代々うけつがれるものとなった。明治維新直後,政府は古代の制度と欧米の制度を混然一体とする形で,博士,学士,得業士といった学位制度を構想したことがあり,次いで明治10年代末までは大学(東京大学,工部大学校)の卒業生に与える学士という称号を学位とみなすという方針をとったりもした。
[近代日本の学位制度]
 日本が近代的な学位制度を導入したのは1887年(明治20)である。…

※「得業士」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

得業士の関連キーワードカスティーリョ・ソロルサノマドリード大学博士(学位)大沢 謙二西園寺公望岡倉由三郎ラブレールターゲーテ学位学士旧制

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android