御事汁(読み)オコトジル

大辞林 第三版の解説

おことじる【御事汁】

江戸時代、「御事始め」と「御事納め」に食べたみそ汁。大根・里芋・牛蒡ごぼう・こんにゃく・人参・豆腐などを入れて作った。おことに。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おこと‐じる【御事汁】

〘名〙 江戸などで、一二月八日の事始めと二月八日の事納めの日に作ったみそ汁。芋、こんにゃく、小豆(あずき)、人参などを入れて煮た。御事煮。《季・春/冬》 〔随筆・年々随筆(1801‐05)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android