御供物料(読み)おくもつりょう

献辞辞典「御供物料」の解説

御供物料

お供え物に代えてとの意味合いがあり、仏教神道キリスト教の、通夜葬儀告別式・法要時の際に喪家に対して贈る弔慰金の表書きの献辞 ( 上 書き ) に共通して用いられます。お供え物に代えて贈る弔慰金ということから、お供え物をした上に別途に弔慰金を贈る際は、他の表書き ( 御香奠御香料・御香華料・御佛前など ) を用い ます。生前お世話になった故人への供養にあわせて、遺族の葬儀や法要に掛かる費用の一部を負担しあうとの相互扶助の意味合いもあります。

出典 (株)ササガワ献辞辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android