コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御所解模様 ゴショドキモヨウ

デジタル大辞泉の解説

ごしょどき‐もよう〔‐モヤウ〕【御所解模様】

小袖模様の一種。檜扇(ひおうぎ)・御所車几帳(きちょう)など、公家の生活に使われたものを模様の題材としたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

御所解模様【ごしょどきもよう】

江戸中期から後期にかけて流行した小袖(こそで)模様の一種。楼閣山水に四季の草花牛車(ぎっしゃ),檜扇(ひおうぎ),烏帽子(えぼし)などの御殿風な柄が散らしてあり多彩で派手やか。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android